勇気づけの効果

自転車だって乗れちゃう!~勇気づけの効果

昨日は外は嵐でしたが、
家の中も次女が大荒れでした…。
お昼寝の後も、
寝てからも、
ギャーギャー泣き喚いておりました。
さすがに、
台風の影響と考えたい。
今日は、そんな次女さんの名誉回復!
自転車に補助輪なしで乗れるようになったお話(^^)
f:id:smilemarch20187:20190207220500j:plain
最近、
某しま○ろう番組で、自転車に補助輪なしで乗る練習方法を見た4歳なりたての次女さん。
「わたしも外す!」
と意欲満々❗️❗️
いざ、補助輪を外して渡してみたら、
あれよあれよと、2〜3日で乗れるようになっちゃったびっくり
小学校入学直前まで補助輪が外せなかった 私としては滝汗
4歳で漕げるようになった次女に、そりゃもうビックリなんですがびっくり
それとは別に、
面白いことが爆笑
練習2日目、
長女と公園に自転車の練習に行った次女。
遅れて公園に行ってみると、
次女が浮かない顔ショボーン
前日に2〜3漕ぎできてたから、
長女に、
「ね、乗れてるでしょ?」と言うと、
長女も浮かない顔ショボーン
長女「さっき、(近所の顔見知りの)おじさんがいて教えてもらったんだけど、乗れなかったショボーン
そのおじさんは、もういらっしゃらなかったのだけど、
ふむ。
もしや、こういうことかな?
と思い当たる節あり。
「そうかなぁ。次女ちゃん、乗れると思うよウインク
と言って、
実際に乗ってみせてもらうと、
やっぱり昨日より乗れるようになってるキラキラ
「ほら、やっぱり乗れてるじゃん❗️次女ちゃん、乗れてるよ❗️」
そう声をかけると、
神妙な顔で頷く次女。
さて、
先ほどの”思い当たる節”とは。
たぶん、ひとつは声かけの仕方💡
わたしは、
何度か失敗する中、片足踏み込めたら
「そうそう!
最初の漕ぐのができてる❗️」
一瞬でも両足ペダルに乗ったら、
「次女ちゃん❗️できてるよ❗️その調子❗️」
2〜3回ペダルを漕げたら
「すごい❗️漕げちゃったね❗️」
「何回も乗って慣れたら、もう乗れちゃうよ❗️っていうか、乗れてるし❗️」
すると、失敗しながらも、漕げる時はだんだん長く漕げるようになってくるキラキラ
次女ちゃんの表情もイキイキしてくる爆笑キラキラ
勇気づけでは、できていることに注目するアップ
そして、目標は下げるダウン
もしかしたらおじさんは、
片足踏み込めたぐらいでは、「漕げてる」とは言わなかったかもね。
2〜3回漕げてるくらいじゃ、「もう少しだ!」って言ったかもね。
でも、
「できてるよ❗️」
「もう乗れちゃうよ❗️」
って信じて声をかけてあげるだけで、
子どもは持ってる力をグングン引き出してくる照れ
子どもの力ってすごい❗️❗️
それから、
「子どもの力を信じる」でもう一つ。
私は、自転車の乗り方をほとんど説明しませんでした。
長女が補助輪を外した時もそうだったけど、
勘のいい子たちだから、
「あなたは勘がいいから、慣れれば勝手に乗れるよ」
と見守るだけ。
コツを伝えようとする長女にも、
「大丈夫。
次女には次女のやり方があるから。
乗ってるうちに乗れるようになるよ👌」
とアドバイスを止める。
小さい子ほど、
自由に、身体の感覚で動いてませんか?
たぶん、
やり方を説明されても、まだ言われた通りに身体を動かすのは難しいんだよね。
ほら、
長女に説明されると、
その通りにやろうとして、表情も身体の動きも、ぎこちなくなってるあせる
おじさんに教えてもらった時も、
そんな感じで、かえって身体が動かなくなっちゃったんじゃないかな。
 
それよりも、
本人の力を信じて、応援してやるだけで、
子どもは勝手にできるようになっていくのかもしれないキラキラ
勇気づけでは、
”相手を根拠なく無条件に信じる”
ことがひとつのキーポイントになるんですけど・・・
子どもを”無条件に信じる”って、
こういうことかな?
って、
ちょっと実感できた一幕でしたウインク
そして、
もう一つ面白かったのは、
数日後、パパと練習に行った時も、
同じ状態になったことニヤニヤ
パパとやったら漕げなくて、
私が行って「次女は漕げるよ。やってごらん」と言ってやると、スイスイ漕ぎ出すニコニコ
ほんと、
面白いわぁ爆笑