勇気づけの効果

長女のポテトサラダ 後日談 たとえ何もしない子でも…

こんにちはニコニコ

ママのイライラ・モヤモヤ解消!

横浜市金沢区のおうち子育てサロン〜Smile March〜です。

横浜は、今日も残暑厳しく、

赤子のいる我が家では、今日もエアコンに電気を食わせております笑い泣き

 

そんな今日は、

「長女のポテトサラダ」

の後日談。

今日も、休日の昼間から、得意のポテトサラダを作り、

みんなに振舞う長女さん。

次女も三女も大喜びでがっつき爆  笑

初めて長女のポテトサラダを食べるパパも、「すごいなあ」と言いながら嬉しそうに食べますニヤリ

すると、夕方、何やら書き物を始めた長女さん。

長女:そんなに好きなら、作り方を書いておくよ。そうしたら、おかあさんも作れるでしょ?

わたし:そうだね。わたしでも長女ちゃんのポテトサラダは作れるかもね。

でもさ、わたしは、長女ちゃんが作ってくれるのが嬉しいのであって、ポテトサラダを食べたいわけではないから、

やっぱり、長女ちゃんの作ったポテトサラダが食べたいんだなあ。

長女:ふ~ん、そっかあ。

どうかなあ。

わたしの、”長女ちゃんの気持ちが嬉しい”この気持ち、

届いたかなあ?

それにね、

おかあさん、もうすこし、自分の気持ちに気づいたよ。

おかあさん、

長女ちゃんがポテトサラダを作らない子でも、いいんだ。

宿題できなくても、いいんだ。

ピアノの練習しなくても、いいんだ。

学校休んだって、いいんだ。

ぐずぐず暴れてたって、いいんだ。

今まで長女ちゃんに求めていたこと、

全部やらない長女ちゃんだとしても、

わたしは、長女ちゃんが大事。

とってもとっても大事。

大好き。

あなたは、そのままでいい。

最近の悩みなんて、

本当はどうでもいい自分に気づいた。

気付けた。

自分の「常識」をひっくり返すリフレーミング。

自分の気持ちを素直に見つめるマインドフルネス。

相手を無条件で信じる、アドラーの「信頼感」。

いろんなお稽古が、実を結んでいくと、

こんなにも優しい、幸せな時間がやってくる。

まだまだ練習中で、

イライラしちゃうことだってあるけど、

自分の1ミリの成長を感じられる幸せ。

変わりたいと思っているみなさーん!

大丈夫ですよー!

人間、いつからでもなりたい自分になれますよー!