家庭菜園

秋冬野菜の種まき その2

防虫ネット

おはようございますニコニコ

ママのイライラ・モヤモヤ解消!

横浜市金沢区のおうち子育てサロン〜Smile March〜です。

今日はなんだか雨が降りそうな横浜。

そんな今日は、昨日の続き。

種まきの後、もうひとつ大事な作業について書きたいと思います。

野菜作りで気にしたいのは虫さんのこと。

夏野菜は、実野菜が多いので、むしろ花粉を運んで受粉してくれる虫さんは有難い存在です。

葉っぱを食べる虫さんもいますが、夏野菜は勢いもいいので、あまり気になりません。

でも、秋冬野菜は、葉を食べる野菜が多いです。

コマツナ、白菜、キャベツ、大根、カブ・・・。

葉っぱのおいしい野菜たち。

虫たちにも大好物のようで、チョウの幼虫やバッタたちがむしゃむしゃ食べてしまいます。

去年、台風で防虫ネットが壊れてしまい、忙しさにかまけてそのままにしていたら、白菜に大量のイモ虫がついてしまい、穴だらけ!

コマツナやカブも、葉っぱが大きくなる前に、あっという間になくなってしまいました・・・。

なので、わたしは、葉っぱを食べる野菜には、防虫ネットが必須だと思っています。

12月頃になると虫もいなくなるので、外してしまってもいいんですが・・・。

さて、防虫に使う品は、100円ショップでそろいます。

大きい100円ショップだと、園芸用品もなんでも揃うので助かります。

では、さっそくやり方です。

■必要なもの

・防虫ネットと、ネットを留める園芸ピンf:id:smilemarch20187:20181010162906j:plain

・曲がる支柱

f:id:smilemarch20187:20181010174049j:plain

これだけ。

ただ、うちの畑の大きさでは、防虫ネットがこれだと小さすぎるので、2枚をミシンで縫い合わせて使っています。

園芸屋さんの防虫ネット、高いんだもの(;^_^A

ちなみに、100円ショップで、「不織布」も防虫に使えると書いて売っています。

大きくて、これなら一枚で都合がつくんですが、去年の台風のとき、一発で破れてしまったので、うちでは使っていません。

防虫ネットは、一度縫い合わせてしまえば、翌年また使えるので、最初だけがんばっています。

f:id:smilemarch20187:20181010163347j:plain

この一番大きいジグザグモードで、縫い幅も一番広くして縫っています。

縫い終わるとこんな感じ。

f:id:smilemarch20187:20181010163543j:plain f:id:smilemarch20187:20181010163604j:plain

端っこがどうしても合わないけど、気にしない気にしない(笑)

材料がそろったら、

曲がるU字支柱を土に刺して、

f:id:smilemarch20187:20181010125526j:plain

防虫ネットをかけ、できるだけピンと張るように両サイドを結んで、園芸ピンでとめます。

f:id:smilemarch20187:20181011094047j:plain

裾が風でまくれ上がらないように、土をかけて、足で踏み固めたら完成です!

f:id:smilemarch20187:20181010164004j:plain

せまい範囲なら、こんな感じにしたりもしてます。

f:id:smilemarch20187:20181011094422j:plain

日本の支柱をクロスして、クロスしたところを麻紐などで結びます。

完全に虫をシャットアウトできるわけではないんですが、これでだいぶ違います。

種まきまでは楽しいんですけどね、この作業がめんどくさい。

ただ、このひと手間で、後の感動が全然違いますから!がんばって~☆

ちなみに、一昨年うまくいったときの白菜とキャベツ。

f:id:smilemarch20187:20190207213417j:plain

収穫できた時の満足感といったら!

子どもたちも、野菜の収穫が大好きです。

自分たちで採った野菜は、割と喜んでよく食べます♪

最後に。

台風にも負けず、相変わらず丈夫なピーマン。

f:id:smilemarch20187:20181010130452j:plain

今日は剪定をかねて、小さめの実も取りましたが、この一週間で35個!

先週採れたピーマンも、まだ冷蔵庫に眠ってます(;^_^

でも、花がもうほとんど見られなくなりました。

さすがのピーマンもそろそろ時期が終わりなのかな?

どうでしょう?

家庭菜園の楽しみ、少し伝わりましたか?

ぜひ、トライしてみてください☆

プランター菜園についても、また後日書きたいと思います♪

小さい子どもと楽しむ時のコツも、書きますね☆