三児ママの勇気づけブログ

夫へのわだかまりから思うこと~問題なんて、本当はどこにもない

おはようございます。

ママのイライラ・モヤモヤ解消!

横浜市金沢区のおうち子育てサロン〜Smile March〜です。

昨日、友人からこんな相談を受けました。

「子どもの嫌だなあと感じてしまうところについて、どう対処したらいいか」

ちなみにこれ、「素敵なご夫婦」の話題から、自分たちも結婚したときは、自分の短所を受け入れてくれる夫の存在にとても救われたなあ、という話からの流れ。

相談内容については、意図あってひとまず置いておいて、

今日は夫婦仲について。

旦那さんのいいところをたくさん言えるようなママでも、夫にわだかまりを持っているママは少なくない気がします。

かく言う我が家も、夫は誰が見てもとてもステキな旦那さま(のろけ)☆

平日は休まず仕事に行き、帰りは遅いけど、朝は自分のお弁当に次女のお弁当も作ってくれる。

土日は掃除に洗濯、料理もこなし、しかも料理はとっても上手!

何か頼んでも、文句も言わずに「わかった」と言ってやってくれる。

わたしにダメ出しなんて、したことない。

夫に嫌と思うところなんて、ない!はずなんだけど…。

平日子どもたちを寝かせた後に、帰ってきた夫と顔を合わせても、何を話したらいいか、わからない。

何故か顔を合わせられない。

去年勇気づけ講座を受けてからは、だいぶ普通に話せるようになったんですが(笑)、今でも時々そんな感じになることがあります。

それはどういう時か。

だいたいは、昼間子どもがグズグズだったとか、忙しかったとか、とにかく大変だったとき。

きみはいいよね、子どものこととか気にせず、やりたいだけ仕事に集中できて。

こっちは自分のペースも乱されまくりで、やりたいことも考え事も、家事だって集中して取り込むことなんてできないってのに。

こっちは何が起きたって、わたし一人でなんとかしなきゃいけない。

でもきみは、困ったときは助けてくれる同僚が常にいるんだよねえ?

それに、わたしはきみに毎日「お疲れ様」と言うけど、

きみは、何にも言わないよね?

当然と思ってるんじゃないの?

どんなに頑張っても、誰にもほめられない。評価されない。

ああ、でも、夫はこんなに頑張ってくれてる。

文句なんて言っちゃいけない・・・。

心の中、こんな感じ。

こんなとき、夫へのわだかまりマックスで、会話どころか目も合わせず、無言のプレッシャーです。

プレッシャーをかけるつもりはないんだけど、どうしてもこうなってしまう。

じゃあ、どうしてこうなってしまうのか。

これは、今はもうわかってる。

ただね、拗ねてるんです、わたし。

夫に、

「今日もがんばったね」

「きみが子どもや家のことを頑張ってくれているから、ぼくは今日も仕事ががんばれたよ。ありがとう」

って言って欲しいだけなんですよね。

人生のパートナーのあなたには、頑張ったわたしのことをわかってほしい。

家事育児は賃金は発生しないけど、明日も頑張れるように、どうか勇気づけて欲しい。

ただそれだけ。

それだけだけど、わかってもらえない、伝わらないと思ううちに、私の中の拗ね子ちゃんはどんどん大きくなって、すぐにはほどけないほど絡まりまくってしまって。

でも、勇気づけで自分を認められるようになってくると、見えてきたものもあります。

本当は、問題を作っているのはわたし自身。

わたしが頑張っていることを、夫はたぶん、ちゃんとわかってる。

感謝だって、ほんとはすごくしてくれてる。

言葉に出ないだけで。

だから、わたしがSOSを出したとき、夫はちゃんと答えてくれる。

男と女では、そもそも脳の構造が違うそうですね。

それは、科学的な根拠もあること。

女性は、感情で物事を判断し、男性は客観的事実で判断するとか、

女性は複数の物事を同時並行で処理できるけど、男性はひとつずつしか処理できないとか、

女性は地図が読めなくて、男性は話を聴けない、

男性は計画にこだわり結果重視で、女性はプロセス重視で意外な展開にときめくとか・・・。

<参考:マンガでやさしくわかるアドラー心理学 人間関係編 岩井俊憲・著>

きっと、女性が「ことば」が欲しいんだってこと、男性にはわからないんですよね。

まだまだわだかまりは解けきらないけど、

この一年でできるようになったこともあります。

ひとつは、夫に「これやってほしい」と言えるようになったこと。

もともと、わたしは、夫に対してだけでなく、誰に対しても頼みごとをするのが苦手。

わたしが頑張ればいいんだからって。

でも、「わたしは充分すぎるほどがんばってる」と認められるようになってきたからか、素直に頼めるようになってきました。

いっぱいいっぱいになってパニックになったり、「言わなくても悟ってよ」と不機嫌になる前にね。

土日に、やりたいことがあって溜めてしまった食器を夫が洗っていても、前みたいに自分を責めるほど「申し訳ない」と思うこともなくなってきました。

明日はがんばるね、って。

それから、もうひとつ。

「わたしは今日これだけ頑張った。がんばったねって言って」

「ゴチャゴチャの中、必死で夕飯作った。覚悟して食べて」

って、して欲しいこと、言ってほしいことを具体的に伝えられるようになりました。

夫は「それは大変だったね」と、その通りの言葉をくれます。たぶん、心から。

それだけで、わたしも満足。

単純ですね(;^_^A

そして、もうひとつ。

夫や他人から「頑張ってるね」と評価してもらうのを待ったり要求したりする前に、自分で自分を「ほんと頑張ってるね」「よくやってるね」と労ってあげること。

人に評価されなくたって、わたしが、あなたが、家族や自分のために頑張ってるのは確実なんだから。

最近、読む本たちによく書かれているのは、

「問題は、自分の中にある」

という言葉。

ちょっと話が飛ぶ気もするけど、

かのブッダは、最終的に悟りを開いて仏教を開くわけですが、

彼が何を悟ったかというと、

「この世に苦難などない」

「苦難は自分の心が創り出している」

ということなんだそうです。

夫婦仲も、人間関係も、親子関係だって、

自分の見方を変えるだけで、少しずつ良い方向に変わっていきます。

この1年、そんな経験が続いて、最近は

「問題なんて、実はどこにもないのかもしれない」

って思えるようになってきました。

長くなったのでまた別に書きますが、

子どもの「嫌だな」と思えるところも、いつか嫌とは思わなくなると思います。目立たなくなる、どうでもよくなる、そんな感じで。

もちろん、夫の嫌なところや、自分自身の嫌なところもね(o^―^o)

f:id:smilemarch20187:20190207212909j:plain

それにしても、10月は夫婦仲の記事をよく読みます。

まさか、これもBeトレってやつの影響!?

心屋仁之助さんの本、今日ブックオフで3冊買ってしまいましたよ(;^_^A

(それ何?って思った方、ちょっと検索してみてくださいませ☆)