三児ママの勇気づけブログ

育児サークルに入っていて思うこと~アドラー心理学における目標「共同体感覚」

ママのお茶会

こんにちはニコニコ

ママのイライラ・モヤモヤ解消!

横浜市金沢区のおうち子育てサロン〜Smile March〜です。

昨日は、所属する子育てサークルの月1回のイベントデーでした。

3年前に発足したこのサークル。

我が家が引っ越して来た時、このサークルがあったおかげで、わたしも子どもたちも新しい土地になじみ、たくさんのお友達を作ることができました。

この4月からは、これまでメインだった子どもたちが幼稚園に上がり、0~1歳児メインの少し落ち着いたサークルになりました。

子どもたちがみんな幼稚園に上がったママもいて、今は月1回のお茶会をメインに活動しています。

お菓子作りの得意なメンバーがいて、彼女のスイーツを味わいながら、ただおしゃべりをするという、とってもまったりした会。

走り回る子どものために頑張るでもなく、ただただ、おいしいお菓子で自分を癒すママの会。

サイコーです(笑)

f:id:smilemarch20187:20181023190754j:plain

このお茶会に参加すると、アドラー心理学のキーワードのひとつ、「共同体感覚」という言葉を実感します。

人間は弱い生き物なので、それぞれが知恵を使い、得意なことを発揮しあって、助け合うことで生き延びてきた「社会的な生き物」。

「わたしには居場所がある」

「人々はわたしの仲間だ」

「わたしは社会の役に立てる」

そういった、仲間とのつながりや絆の感覚を「共同体感覚」といいます。

この感覚は、精神的な健康のバロメーターでもあります。

アドラー心理学では、勇気づけを通して、この「共同体感覚」を高めることを目標としています。

サークルメンバーには、お菓子の得意な子もいれば、何かを企画するのが得意な子もいます。

わたしは雑談をするのが(話すのが)苦手なんですが、話題を次々に出して場を盛り上げてくれる子がいるので、2時間はいつもあっという間です。

子どもが泣いて困っていても、ほかのママたちが笑顔でかまってくれたり、一緒に考えてくれたりするので、ちっとも辛くありません。

準備も片付けも、「やらなきゃ」と焦らなくても、できる人ができるタイミングで、協力して進みます。

そして、みんな共感力が強い!何を話しても、「わかるわかる!」とうなづいてくれるので、何でも相談できます。

いつもみんな素で勇気づけできる人たちだなあと思います。

このたった2時間で、1か月分のエネルギーをチャージして、次回のお茶会を楽しみにしながら、にっこにこで帰れるんです。

仕事などで忙しくなって、サークル活動ではなかなか会えなくなったメンバーもいます。

でも、それぞれが、それぞれの場所で頑張っているのがお互いの励みになります。

なかなか会わなくなっても、同じグループとしてどこかで繋がっている感じがして、会えた時は気兼ねなく話ができます。

育児サークルという「グループ」にあえて入らない人。

人付き合いが苦手で、親子の集まる場所にあまり行きたくない人。

その気持ちもわかります。

かく言うわたしも、ほんとはひどい人見知り。

無理してまでママ友を作ろうとする必要はないと思います。

でも、もし最初の一歩を踏み出して、何度か通うことができたら、そのうち顔見知りができて、その中から気の合う友達ができて、子育ての「仲間」「戦友」ができます。

頑張らないでも、できない部分はカバーしてくれる人がいる。

わたしの想いをわかってくれる人がいる。

困りごとには、一緒に考えてくれる人がいる。

普段欲しくても手に入らない、「がんばってるね!」というねぎらいの言葉をくれる人がいる。

わたしにも、誰かのためにできることがある。

わたしは独りじゃない。

こんな風に思える仲間がいるから、わたしはバッタバタでギャーギャーな毎日を、今日も頑張ることができます。

特に、育児サークルというものに入っている人たちは、多かれ少なかれ、みんな同じ想いでいるんじゃないかな。

サークルメンバーは、きっと新しいメンバーを歓迎してくれますよ♪

もちろん、我がサークルも、新しいお仲間大歓迎です☆