家庭菜園

大きなかぶ?〜子どもと野菜の収穫&お料理

こんにちは☆

ママのイライラ・モヤモヤ解消!

横浜市金沢区のおうちサロン~SmileMarch~です。

お正月3が日が終わりましたね。みなさん、ゆっくりできたでしょうか?

我が家はパパが6日までお休みなので、まだお正月気分です(;^_^

さて、我が家のささやかな菜園では、そろそろ冬野菜が収穫できる大きさになってきました。

以前、台風で土まみれになり虫食いでこんなになってしまった白菜も、

f:id:smilemarch20187:20190104152357j:plain
f:id:smilemarch20187:20190104153534j:plain

こんなに立派になりました!

野菜はダメかな〜と思っても、ほんとに強い。こうして復活することが多いです。

特に葉っぱものは、12月に入ってしっかり寒くなってくると、虫ももういなくなるので、そこからグングン復活します。

ここまでくれば、もう虫除けネットも外して大丈夫です。

でも、やっぱり種蒔きが遅かったようで、スーパーの白菜のように結球(球のようにしっかり葉っぱが巻いていくこと)はしませんね(^_^;)

それでも、家で使う分には、外側の葉から使う分だけ取っていけばいいので、問題ありません。

こちらは大根。長女と次女が、絵本の「大きなかぶ」のようにして抜いていました。

「♪長女ちゃんが大根を引っ張って〜 次女ちゃんが長女ちゃんを引っ張って〜♪」ってね(笑)

抜けたときは尻もちをついていましたよ(^_^;)

f:id:smilemarch20187:20190206225606j:plain

この日はカブも収穫。

左の大根、短いのがわかりますか?こんな風に、大きくなっても短い品種なので、家庭菜園で充分に土が耕せなくても、割ときれいで太った大根が収穫できるんです♪

収穫した野菜を使って、この日は子どもたちとシチューを作りました。

2人で奪い合うように洗って、(しかも、写真を撮りやすいように、ゆっくり洗ってくれたそうです(笑))

次女ちゃんは所々わたしと一緒に包丁を握ります。

長女ちゃんはもう、切り方だけ伝えればお任せできます。次女ちゃんも、ニンジンの皮むきはお手の物。

三女ちゃんは、つまみ食い(笑)

同じく秋に庭で取れたサツマイモやニンジンも入れて、シチューの出来上がり〜♪

f:id:smilemarch20187:20190206230050j:plain

ルーに市販のものを使っても、これは美味しいとガツガツ食べてくれました♪菜園で採れた野菜は、本当に甘くて美味しいんです♪

これが家庭菜園の醍醐味☆

長女ちゃんは特に、庭で育てて自分で収穫して、自分で作った料理なんかは、小さい頃から本当によく食べてくれます。それまで食べなかった野菜でも、喜んで食べてくれました。

次女ちゃんも、最近は食べてくれるようになったかな。以前は、収穫・調理は楽しんでも、食べるには至らないことが多かったけど(^_^;)

調理に使った器具は、子どもたちが洗ってくれることもあります。この日は、食べた後の食器も洗ってくれました。食器の片付け、特に次女は楽しいみたい。

これは、KISSAKOさんのご指導の賜物かもしれません。KISSAKOさんのキッズ料理教室は3歳から参加できますが、後片付けも3歳から参加します。

調理中の子どもへの声かけの仕方や、複数の子どもとケンカしないで楽しくやる方法、安全上どこまで子どもにやらせるのかといったことも、とても勉強になります。家で3人でお料理することも、子ども2人に包丁をお願いすることも、増えたかも。

このブログでもたびたび登場するKISSAKOさん。ホームページはこちら。

料理教室・料理研究家KISSAKO | 横浜,金沢文庫,能見台のおうち料理教室・レシピ開発・料理外部レッスン講師ならキッサコ

みなさんも、家庭菜園や、子どもとのお料理、良かったらぜひチャレンジしてみてくださいね♪