勇気づけの効果

長女、冬休みの宿題

こんにちは☆

ママのイライラ・モヤモヤ解消!

横浜市金沢区のおうちサロン~SmileMarch~です。

昨日は、子どもたちとちょっと面白い企画に参加させて頂き、貴重な経験をさせて頂きました♪

この話は、また別の機会にできたらと思うんですが、そのせいなのか、正月疲れなのか、昨日は12時間起きられませんでした(^_^;)

起きてからも、みんなの朝ごはんだけ用意して、そのまま食卓の椅子から動けません…。

とうとう冬休みも今日でおしまい。

予定もないし、最終日くらい、引きこもれるかなぁ。あ、習い事が再開だ(ーー;)

さて、冬休みと言えば、小学生は冬休みにも宿題が出るんですね。

夏休みよりうんと少ないけど。まさか春休みにも出るのかなぁ。

夏休みの宿題は、なかなかこなせなかった長女。こんな記事も書けるくらい、私の中では大変なものでした。 

子育てが変わるアドラー式コミュニケーション術
子育てが変わるアドラー式コミュニケーション術
https://mama-smile-march.com/2018-10-22-homework/
頑張らない子育ての教室!【横浜】

でも、今回は、わたしからは一切声はかけなかったのに、昨日の朝には全部終わってた!

いや、わたしが声をかけなかったのがむしろ良かったのかな。

自分のペースで、冬休みのお出かけの合間に、朝夕問わず一つ一つこなしてました。

わたしが夏休みの宿題から学んで取り組んだことは、うちの長女には合っていたのかな?

本人に「今回、終わるの早かったね!自分でコツコツやってて、すごいなぁ」と感動をそのまま伝えたら、「冬休みはあんまり出かけなかったし、宿題も少なかったからね」だそうな。

うーん、夏休み、そんなに出かけた気はしないけどなぁ。冬休みも、アデノウイルスで4〜5日ダウンしてたし、毎日チョコっとしたものだけどお出かけしたし。

でも、本人も二度目の長期休暇だから、どう過ごすか見通しやすかったのかな?

子どもの宿題にハラハラしなくていいと、かなり気が楽ですね。長期休暇もわたしもちゃんと楽しめます。

「課題の分離」。

これをしないで親が子どもの課題も抱えてしまうと、デメリットとして「親が忙しくなる」ということがあるそうなんですが、うん、納得。

最近友人に貸してもらった本にも、長女のようなしっかり者タイプには、「失敗しても大丈夫ということを6歳までに伝えられるといい」とありました。

最近は、「宿題やらずに行ったって、なんとかなるよ。生きて元気でいてくれれば母はそれで充分」と、心から言えるようになってきたので、それも親子ともにひと役買ってくれたかな。

(現役or元先生の方は、どうか華麗にスルーしてくださいね(^^;;)

そんなスタンスでいるほど、逆に長女は、ちゃんとそれなりにやって行きます。所々抜けることはありますけどね。

だから、もし実際に冬休みの宿題をやらずに行ったら、ドキドキしてしまうのかもしれませんが(^_^;)

子どもがいると、わたしの課題は増えるばかりと思っていました。

でも、実は「わたしの課題と思っていること」を減らすチャンスをもらえるばかりなのかもしれませんね。

さて、新学期。

親子で新しい気持ちで再スタートしたいと思います♪

みなさまも、ぜひ今年1年も素敵な1年をお過ごしくださいね☆