季節・イベント

七草粥とお味噌汁

こんばんは☆

ママのイライラ・モヤモヤ解消!

横浜市金沢区のおうちサロン~SmileMarch~です。

昨日は、長女と次女が、食中毒なのか朝方まで嘔吐を繰り返してぐったりでした。

でも、子どもの回復は早いですね。特に次女は昨日の昼には元気いっぱい。今日はニコニコと幼稚園に登園。お弁当も完食して帰ってきました。

長女は次女より重症だったのもあって、昨日は水分しか摂れず。今朝もまだ身体が重いようで、学校はお休みしました。それでも、午後には起きていられるようになって、絵具で絵なんて描いてるし、昼も夜もしっかり”おじや”を完食。明日は登校するそうです。

子どもたちにいつもの笑顔が戻ってくると、こちらもホッとします。

この時期増える胃腸炎。家族で大変な胃腸炎。

せっかくなので、後日まとめてみたいと思います(大変だったから、ただでは起きないぞ!(笑))。

話は変わって、この大変な夜から明けた月曜日は1月7日。

七草粥の日だったので、子どもたちが静かに寝ている間に七草粥も作りました。

と言っても、わたし流は、土鍋にお米と、お米の5倍量のお水を入れて、蓋をして火にかけるだけ。沸騰したら弱火にして、20分放置。途中で蓋も開けません。

わたしは土鍋でお米から炊くおかゆが大好き♪

塩も足さないのにとっても甘くて優しくて美味しいお粥が出来上がります♪

この時は、七草もいいアクセントを加えてくれました。

体調が悪いとき、お粥とお味噌汁って、本当にホッとします。

三女を出産した助産院では、入院中、朝食が毎回お粥でした。お餅が入ったり、その時々の野菜が入ったりしたんですが、これが産後の疲れた身体に沁みること沁みること。

やっぱり、日本人はこの組み合わせが合うんだろうなって思います。

お味噌汁も、今回は心花茶さんやKISSAKOさんに教わったことを参考に、ちゃんと出汁を取ってみましたよ。

今回は、心花茶流を参考に、昆布とだしパックのお出汁です。こうやって水にひと晩浸けておくだけで水出しできるんですって!

今回は急だったので煮出しましたが、先ほど漬けてみました。どうなるかな〜♪

心花茶さんもkissakoさんも、おふたりとも出汁の重要性を教えてくださいます。

なるほど、ちゃんと正しくとるようにしたら、お味噌汁も深みがあって、とっても美味しい優しい味になります♪

胃腸炎後の娘たちも、何度もおかわりしてくれました。

多めに作って余った出汁は、保存瓶やジップロックに入れて、冷蔵で4~5日もつそうです。

ジップロックなら冷凍もできるけど、わたしの場合、冷凍すると安心してしまって、かえって使わなかったりするからな〜(;^_^

今回は保存瓶で冷蔵庫保存してみまーす。

昨日はお味噌汁の汁しか飲めなかった長女ちゃん。今日はこのお味噌汁でおじやにしたら、パクパク食べてくれました。

卵とじにしてわたしも食べたけど、なるほど、めちゃくちゃ美味し〜♪

出汁はこれからもちゃんと取ろ~。

「食」に関しては、

料理が苦手。家族も食べない。でもみんな優しい(T ^ T) 

この記事を書いて以降、ずっと答えのようなものが出なくて、まとめられずにいたんですが、そろそろ書けそうです。

日の目を見るまでまだかかりそうですが、とりあえず、箇条書きの下書きは書きましたよ! 乞うご期待!(笑)

お正月明けでまだ身体が重いですが、踏ん張っていきましょー☆