勇気づけ講座

どんなピンチもチャンスになる~5/23勇気づけELM講座11,12章

勇気づけELM講座

ママの心を楽にするアドラー式の“勇気づけコミュニケーション術”。横浜市金沢区の子育てママサロン~SmileMarch~です。

先週、勇気づけELM講座の11,12章を開催しました。大人のみ2名のご参加。子どもは我が家の三女ちゃんだけでしたが、お二人に温かく見守って頂きながら、ごきげんで2時間あっという間に終わりました。おふたりとも、ありがとうございました!

勇気づけELM講座最後の2章

さて、11,12章は全12章ある勇気づけELM講座の最後の2章です。

11章テーマ「物事を前向きに考える」

11章のテーマは「物事を前向きに考える」。「リフレーミング」という方法を学びます。

「リフレーミング」とは、「見方を変えること」。このリフレーミングの手にかかれば、短所は短所ではなくなり、どんなにピンチな状況も「わたしにとっていい状況」でしかなくなるという最強のスキル。しかも、割とコツを得るのも簡単で、今まで受けてくださったみなさんも、このリフレーミングはすぐに自然と使えるようになっていました。

ここで、リフレーミングについてもう少しご説明しましょう。

例えば、昨日、大事に育てていたミニトマトが、ここまで大きくなったのに赤くなる前に三女ちゃんが採ってしまったという事件がありました(T . T)

ただ、よく見たらね、隣にきゅうり第1号がすくすくと育っていたんです。

そういえば、きゅうりもトマトも、最初の方に成った実は、 カラスに食べられちゃったなぁ。 それを思い出して、ちょうどいいや、とすぐに防鳥ネットをかけました(ちなみにこのネットは100円ショップの商品です)。

これできゅうりもトマトも大丈夫!三女ちゃん避けにもなるはず(笑)。

おわかりでしょうか?見方ひとつで、「三女ちゃんに食べる前の未熟なトマトを採られてガッカリ」な状況が、「きゅうりや他のトマトをカラスに食べられる前にネットがかけられて良かったな」という「ラッキー」な状況に変わるんです。「みなさんにリフレーミングを説明するいいネタができた」とも言えますね(笑)。

リフレーミング自体は、もともとみなさんが気にして実践しようとしている理論かもしれませんね。ただ、理論として知ってはいても、実感できる・実践したいと思えるのが勇気づけELM講座のいいところ♪おふたりとも、「子どもに使いたい」「子どもが失敗しそうでも見守ってやりたい」「子どももリフレーミングできるように、わたしからいろんなことをリフレーミングして伝えたい」など、「子どもに使いたい」とおっしゃってくださいました。

リフレーミングできないことって、ないんですって!次々と問題が起こる子育てママの人生。お子さんだけでなく、ぜひご自身にもたくさん使ってあげてくださいね♪繰り返し使っていくうちに、ダメダメだと思っていた「今のわたし」も、逃げ出したくなるような「今のこの状況」も、すべて「わたしにとって最善の状況」だと、信じることができるはず♪

12章テーマ「勇気づけをする」

12章のテーマは「勇気づけをする」
このELM講座が(たぶん)一番伝えたい「勇気づけ」について伝える集大成の章です。

ここでお二人の印象に残ったのは、「ほめる」と「勇気づける」の違い。「ほめる」も良いことで、どんどん使っていったらいいものなんですけどね、「ほめる」には副作用があるんです。それに、「勇気づけ」のいいところは、たとえ失敗したような場面でも無条件で使えるところと、勇気づけた相手(自分自身も)に、「次もがんばろう!」と自然とパワーをくれるところ。

リフレーミングなどと違って、勇気づけは技術だけでなく、態度や考え方も関わってくる少し大きな理論です。特に相手を無条件で「信頼」「尊敬」することは、私には最初難しくて。子どもに対してなんて、無理、使えないと思ってた。

でも、この数年、わたしがよくわからないながらも意識して、自分自身や周りに使い続けてみたら、自分も周りも本当に変わっていきました。だから、騙されたと思って(笑)、使い続けて欲しいなと思います。というかね、12章受けたこの半年間で、お二人ともたぶん、自然と意識できるようになってると思う。12章かけて学んできたのは、全部「勇気づけ」につながるものですから。自分も周りも少しずつでも変わってること、実感して頂けてるかな?

6人目の修了生

そして、この日は、昨冬から半年通い続けてくれた方の修了日でもありました。 SmileMarchとしては6人目の修了生。わたしの大事な友人の卒業でもあります。

修了証

勇気づけELM講座は、主催するヒューマンギルドとしては修了証は特にありませんが、せっかくなので、第1号の方からわたしオリジナルで修了証をお渡ししています。最初はただ便せんにメッセージを書いただけの修了証でした(笑)。この数カ月でわたし自身、印刷物の知識が増えたので、今回修了証も作り直しました。修了証というか、毎回わたしからの感謝状ですけどね(笑)。メッセージ欄は外せません。

そうやって修了証を渡したら、その彼女から「わたしも書いてきたの」とお手紙を頂いてしまいました(読むだけの下書きだったけど、嬉しかったからお願いしてもらっちゃった(笑))。彼女はわたしの人生初めてのママ友でした。そんな彼女から、わたしがアドラーを学び始めてからの変化や、「ともながやよいから学びたかった」と言ってくれたこと、泣きそうに嬉しかったです。

ただ、修了といっても、これきりではありません。定期的にフォローアップやランチ会・お茶会など開催していきますので、これからもまだまだ勇気づけ同志としてよろしくお願いいたします♪

サロン御用達の「ごのご」弁当

ごのご日替わり弁当

こちらの写真は、講座でご希望の方にまとめて注文している「ごのご」さんの日替わり弁当。この日はエビ付きのパエリア!この内容でワンコイン、しかも金沢区内なら配達もしてくれるという太っ腹具合!

ごのごさんは、障害者地域活動ホームが主催のお弁当屋さんです。配達は、知的障害のある方が公共交通機関を使って配達することが多いので、配達員さんのことはどうぞ温かく迎えて頂けたらと思います。

その性質上、人気メニューの日など、 配達時間がまれに13時近くになることもあります。ですが、そこをご理解頂ける方には、本当におすすめ!毎回すっごく美味しいんです~♪ごのごさんでサポータースタッフとして働く友人が複数いるので、内部事情も少し聞きかじったりするんですが、社員さんも障害のある方も、みなさん愛情をこめて作ってくださっています。メニューや栄養バランスも、きちんと管理栄養士さんが考えてくれたレシピ。個人でも事業所でも制限なく、1食から配達してくれるので、「お友達が遊びに来るけどおもてなしする余裕もないわ」「たまにはおいしい栄養満点のお弁当が食べたいわ」「産後・子育てなどで忙しくてお昼を用意する余裕もないわ」という方など、ママさんにもおススメです♪

食べ物にまだ気分屋さんの三女ちゃんも、ごのごさんのお弁当はパクパク食べます♪この日は、三女ちゃんがお昼寝している間に私がうっかり完食してしまったんですけどね(笑)

当日も10時まで注文できますが、当日枠はあまり数がなくて売り切れてしまうこともあるので、前日までに予約するのがおススメです♪

仕事と子育てのバランスを考えて、今月は週2回のブログ更新にあえてしてみたんですが、このペースだと書きたいことが溜まっていく(;^ω^) 来月ももう少しこのペースにして、夏休みは思い切り書きたいと思います(笑)。

勇気づけELM講座は、6月は1,2章が2件。Lienさんとのお試しコラボ講座は満席ですが、6/21のおうちサロンお試し講座はまだお席がございます。他のテーマでお試ししたい方は、別日にお受けできますので、どうぞお気軽にお問い合わせくださいね。