子育てお悩み相談

一時保育の利用理由はリフレッシュでOK?先輩ママの意見や感想を紹介

一時保育をリフレッシュに使う

今日も未就園児をお抱えのママさん、大変な時期の子育て、本当にお疲れさまです。

特に、未就園児時期の子育てを専業主婦として担っていらしゃるママさんは、子供と24時間365日一緒にいて、息つく暇もないのでは?

そんな時に、一時保育で子供を預かってもらうことができたら、本当に助かりますよね。

でも、「働いてもいないのに」もしくは「仕事のない日に」子供をリフレッシュ目的で預けることに罪悪感を感じてしまう方も少なくないのではないでしょうか。

今回は、そんなあなたに向けて、

  • 子供をリフレッシュ目的で預けることについて、先輩ママたちの意見や利用経験談
  • 一時保育、親と子それぞれのメリットとデメリット

についてお伝えしたいと思います。

一時保育をリフレッシュに使ってもいい理由

リフレッシュで子供が愛しくなる

一時保育について調べると、預ける理由を問わない「リフレッシュ保育」という区分がある保育園が結構あることに気付かれるでしょうか?

そう、制度として、リフレッシュを理由に一時保育を使うことは可能なんです。

あなたが一時保育をリフレッシュで使うことに罪悪感を感じる理由

でも、あなたが今「一時保育をリフレッシュに使っていいの?」と思っているとしたら、その理由は制度ではなく、「こんなに小さな子供を親から離して人に預けていいの?」という罪悪感ではないでしょうか。

私達の親世代なんて、まだまだ共働き世帯は少なかった世代。

いわゆる【三歳児神話】といいますか、「小さな子供を人に預けるなんて」って、そもそも保育園や共働きに対してもネガティブな考え方を持っている方が多いのではないでしょうか。

だから、私達も自然とその考え方が頭の中に浸透していて、「子供を人に預けること」に罪悪感を感じてしまうようになっているんですよね。

ただでさえ、「子供を育てるお金を稼ぐためにお仕事をする」ということにも迷うママたちがいるくらいなのに、「リフレッシュのために」という理由で子供を預けることに罪悪感を感じてしまうのは無理もないと思います。

やよい
やよい
かく言う私も、7年間、一時保育をリフレッシュ目的で使うことができませんでした。

私が一時保育をリフレッシュに使う理由

でもね、すれ違うおばさまたちに「一番かわいい時期ね」なんて言われて、心からYESと言えますか?

私自身、週2~3回パートをして子供と離れる時間があった長女と次女の時も、子育てに慣れて余裕があるはずの三女の時も、子供がかわいいと思えないことが何度もありました

やよい
やよい
その度に、「子供なんて産まないほうが良かったのかな」「わたしママに向いてないんだな」と落ち込む日々。

でも、そんな自己嫌悪の日々を抜けて、私に「子育てって楽しいかも!」と思わせてくれて、私自身も子供たちも笑顔にしてくれたのが、【一時保育】でした。

お腹を痛めて産んだ我が子でも、こちらの言うことを聞きもしない生き物とずーっと一緒にいるって、やっぱり無理があるんですよね。

3人生んで育ててみて、やっとわかりました。

 

子供にイライラしてばかりで、子供を愛せなくて悩むくらいの時も、ほんの数時間離れるだけで生き返る

迎えに行って夢中で抱きついて来る我が子が、愛しくてたまらなくなる

やよい
やよい
ママが子供のことを心から愛しいと笑顔で接してくれる。
これって、お金よりずっと「子供のために大事なこと」ではないでしょうか。

一時保育の利用と時代の変化

そもそも、【小さな子供を人に預けるなんてかわいそう】という三歳児神話は、もう捨ててもいい考えなのではないでしょうか。

昔はさ、大家族だったり、ご近所の繋がりだったりがあって、朝夕公園に行けば子供がたくさんいる時代だったんですよ。

だからまかり通った考え方であって、今のつながりの薄い核家族時代には、家族だけでは子供を育てるのに圧倒的に手が足りないんです。

だから、【小さな子供を人に預けるなんてかわいそう】という三歳児神話は、むしろもう捨てなきゃやっていけない時代なのではないかと思うのです。

他のママたちの意見

一時保育の利用理由

では、他のママさんたちは、リフレッシュ目的での一時保育の利用をどう考えているのでしょうか。

一時保育をリフレッシュ目的で利用しているママたちの経験談も拾ってみました!

こんな風に、一時保育をリフレッシュ目的で利用するママはたくさんいらっしゃるようです。

半日など短い時間でも、預けた後に「生き返った!」と感じるママがほとんどですね。

やよい
やよい
そう、一時保育のおかげで、「また育児頑張れる」んですよね(^^)

こんな風に、一時保育を勧める保育士さんや精神科医さんもいらっしゃるようですよ♪

こんな風に言ってくれる先輩ママやかかりつけ医と一緒なら、大変な子育ても続けていけそうですね。

リフレッシュ目的の一時保育|先輩ママたちの利用理由や頻度

次に、一時保育をリフレッシュに使っている先輩ママたちの、利用理由や利用頻度もリサーチしてみました。

一時保育をリフレッシュ目的で利用する理由

一時保育をリフレッシュ区分で利用する理由としては、

  • 兄弟の検診や療育通学、園や学校行事
  • ママの健診
  • 結婚記念日など特別なイベント
  • 理由なんかない

このように、何かしらきっかけがあって利用することもあれば、理由などなく、ただ子供と離れて自分ひとりになってリフレッシュするために預けるママもたくさんいらっしゃいます。

一時保育をリフレッシュ目的で利用する頻度

また、リフレッシュ目的で一時保育を利用する方の利用頻度は、

  • 毎週1~3回(リフレッシュ区分は月12回以内など規定のある所が多い)
  • 毎月
  • 年に何回か
  • 何か用事やイベントがある時に不定期で(兄弟の検診や結婚記念日など)

など様々。

子供の様子、ママの状態、お財布の状況など、ご家庭によって状況は様々

やよい
やよい
よそのことは気にせず、どうかご自身の状況に合わせて、利用していって頂けたらと思います。

リフレッシュを理由に一時保育を使うメリット・デメリット

私も、一時保育をリフレッシュ目的で使うことに長いこと罪悪感や抵抗感があって、罪悪感なく使えるようになるまでに7年かかってしまいました。

でも、使ってみたら、一時保育利用にはメリットがたくさんあったんです。

一時保育|親のメリット

一時保育の親のメリット

リフレッシュに一時保育を使うことで、私自身にはこんなメリットがありました。

  • 帰ってきた子供が可愛く・愛しく思える
  • 自分の好きなことができて元気になれる
  • できなかったことができる(美容院、歯医者、片付けなど)
  • 買い物、掃除など家事がはかどる
  • 小銭稼ぎができたりする(メルカリ、FXや投資、アンケートサイトなど)
  • 子供を一緒に大事にして育ててくれる大人が親以外にもできる
  • 子供の知らない一面(いいところ)を教えてくれる
  • 「いざという時に頼れる場所がある」という心の支えができる
  • 離れることで、「ちゃんと子供のことが大好きなんだ」と実感できる

一時保育|子供のメリット

子供の保育園のメリット

一時保育は、親のリフレッシュだけでなく、子どもにもいい影響を与えます。

  • 自分を大事にしてくれる大人が世の中にたくさんいることを知って、世界観が広がり、自己肯定感が上がる
  • お友達がいるので、子供の社会性やコミュニケーション能力がアップする
  • 季節の工作やお歌・ダンスなど、家で母子だけで過ごす時はできない経験ができる
  • 何やら新しいことをたくさん覚えてくる
  • 自分でできることが一気に増える

先日参加した、子育て講演会でも講師の方がおっしゃっていました。

ファミリーサポートや一時保育など親以外の大人と関わる機会は、子どもにもたくさんいい影響を与えるので、みなさん、どんどん活用してくださいね、だそうです。

やよい
やよい
一時保育は、案外【習い事】と考えてもいいのかもしれませんね。

一時保育利用のデメリット

経験談として一応デメリットも考えてみました。

  • お金がかかる
  • 最初の手続きがちょっと面倒
  • 必要なものを準備するのが大変
  • 朝の支度でイライラすることも…

デメリットとしては、こういった感じでしょうか。

これらデメリットに対する対策もご紹介しておきますね。

一時保育利用の手続きは余裕のあるうちにしておく

必要書類の記入

一時保育は、事前の手続きや打ち合わせが必要な園が多いです。

面倒ですが、事前打ち合わせがあると預け先の様子や保育士さんたちの考えなどがわかって、安心して預けることができるメリットもあります。

「使わないかもしれないけど」くらいに少し余裕のあるうちに、登録だけでもしておくといいですよ。

やよい
やよい
でも、保護者主体で考えると、やっぱり事前登録が不要だったり(せめて預かる初日に情報交換)、Web予約ができたりする一時保育が増えたらなぁと思います。

必要物品の工夫

必要物品を揃える

タオル、お昼寝用シーツなど、園によっては一時保育に必要な物がたくさんある園があります。

面倒なところではお昼寝用シーツでしょうか。
新しく購入する手もありますが、サイズが同じなら、普段使っている布団にかかっているシーツを持っていく手もあります。

その他の物品も、新たに用意しなくても、普段使っている物を使えば大丈夫

逆に、一時保育を何度も利用する方は、【一時保育専用】のものを用意して袋にまとめておくと、毎回の準備の負担は減らせます。

また、一度きりの利用だと準備する労力が報われませんが、何度も使えば使うほど元が取れた感が出てくるので(笑)、何度も使うようにするといいですよ。

お金は【一時保育】ではなく【笑顔】に使ったと考える

一時保育は有料です。

園によってはなかなかのお値段がするところもありますよね。

ただ「働いていないのにお金だけ出ていく」と考えるとデメリットになりますが、「私と家族の笑顔がお金で買えた!」と思ってみてはいかがでしょうか。

リフレッシュを理由に一時保育を使う時のポイント

一時保育をリフレッシュ目的で利用する時のポイントについて、いくつかご紹介しますね。

持ち物を揃え、全てに記名!

持ち物に記名

持ち物を揃える工夫については前述の通りですが、もう一つ大事なのは、持ち物すべてに名前を書くこと!

服はもちろん、洗濯物を入れる袋やオムツにまで名前を書くの!?と思われるかも知れませんが、保育園に行ってみて納得です。

子供たちがね、出しちゃったりするのね~^^;

やよい
やよい
保育士さんたちは、子供たちから目が離せない中でお世話をしてくださっていますから、せめて記名など、園からお願いされたことはぜひ協力してあげてください。

まずは短い時間から

まずは短い時間から

よく「最初は慣らし保育で」と言われると思いますが、私もこれには賛成です。

よく状況が理解できない子供が、初めての場所に親と離れて過ごします。

人が大勢いるデパートで、気がついたら隣りにいた親とはぐれていた、なんて状況、子供の頃に経験ありませんか?
とっても心細くて泣いてしまったという方もいらっしゃるのでは?

初めての一時保育では子供もとても緊張しますから、できるなら最初は2時間~半日でスタートできるといいと思います。

また、慣らし保育は、実はママにとってもいいことだと思っています。

子供を初めての場所に預けた時、なんだかんだいって気になって落ち着かないというママ、結構いらっしゃるんですよね^^;

一時保育をリフレッシュ目的で預けることに抵抗感があるママも、まずは短い時間からと思ったら、ハードルが下がりませんか?

また、以前ベテラン保育士さんにお聞きしたことですが、短い時間でも回数が多いほうが子供は慣れやすいんだそうです。

やよい
やよい
もし子供に一時保育に早く慣れて欲しいと思ったら、最初の頃は短い時間でちょこちょこ預けるのもいいかもしれません。

最初は泣くけど気にしない

最初は泣くけど気にしない

一時保育でも、最初から泣かずに喜んで出かけていくという羨ましいお子さんもいらっしゃるんですが、預ける時に本気泣きするというお子さんの方が多いのではないでしょうか。

我が家の3姉妹も、保育園時代は長いことそうでした。

ただ、保育士さんに伺うと、毎回「バイバイの時は大泣きでしたけど、しばらくしたら泣き止んで、楽しそうに遊んでいましたよ」とのこと。

このパターンは、だいたいどの子にも当てはまるパターンのようです。

一時保育に預けてバイバイする時は、「私が行っちゃえば楽しく遊び出すんでしょ?知ってるんだから~♪」というスタンスで、「楽しんできてね~」と笑顔であっさり退室するのがコツなんだそうですよ。

やよい
やよい
バイバイするのにいつまでも不安そうな顔でグズグズしていたら、子供が不安になっても無理ないですよね^^;

それに、保育士さんはプロです。

子供が最後まで泣き続けていたって、実の親と違って冷静に対処してくれます。

子供は必ず保育園に慣れますから、先生を信頼してお願いして大丈夫です。

一時保育のリフレッシュ利用枠が少ない・予約が取れない時の工夫

予約を取れない時の工夫

SNSでも、周りのママたちの意見でも、よく伺うのが「一時保育、利用したくてもいっぱいで使えない」というご意見。

お住まいのエリアによってもバラツキがあるでしょうから、本当に一時保育の予約が取りにくくて大変という方もいらっしゃることと思います。

そんな中でも、私がこの1年一時保育を使ってみて、いくつか工夫できそうなことがあったので挙げておきます。

園によって、一時保育枠の多い園がある

私の住んでいるエリアにはいくつか一時保育を扱っている保育園がありますが、基本的に1日3名など、一時保育の枠は少ない園が多いです。

でも、たま~に一時保育の枠を6名など多く取っている園があるんです。

我が家の末っ子が通っている保育園も、設備上認可外ではありますが、一時保育に特化していて、横浜市の子育て冊子にも載っている保育園。

やよい
やよい
自治体の子育て支援課に問い合わせれば、そういった一時保育情報を教えてもらえるかもしれません。

日にちによって、残席にばらつきがある

一時保育の空きは、日にちによってばらつきがあることが多いです。

指定した日が空いていなくても、別日で空いている日があることも少なくないので、先に「空いている日」を聞いて予約してから予定を入れてもいいかもしれません。

一時保育を予約しやすい時期・しにくい時期がある

一時保育は、実は予約しやすい時期・しにくい時期があります。

秋頃になると、保育園への入所は難しいものの一時保育を利用してお仕事を始めた・復帰したというご家庭で一時保育枠が埋まってきます

保活の一環として、「4月入所の申請前に保育園を利用して仕事を始め、ポイントを稼ぐ」というご家庭も。

末っ子の保育園も、10月頃から急に満席で予約が取れなくなってきたので、定期枠に切り替えるということをしました。

でも、4月になると、認可保育園に入所されたお子さんがごっそり利用しなくなるので、一時保育もまた予約が取りやすくなります

やよい
やよい
年末に予約しようとしたものの「空いてないじゃん!」と絶望感を抱いた方は、ただ予約が取りにくい時期というだけかもしれませんので、自治体や保育園に聞いてみることをおすすめします。

予約開始日時をチェックしてすぐに押さえる

一時保育の予約は、前月1日の午前10時から、など園が予約開始日時を決めていると思います。

予約方法も、電話予約、Web予約、来館しての予約など、園によって様々です。

もしどうしても日にち指定で取りたいなどあれば、予約開始日時や予約方法をチェックして、コンサートチケットを取るつもりで予約すれば、混雑時期でも案外予約できたりします。

一時保育が取れない時は、他の保育サービスを利用する

ベビーシッター

「一時保育を使ってリフレッシュしよう!」と思い立って、思い切って調べたり電話したりしたのに、空いていなくて失意のどん底…。という方も、どうか諦めないで欲しいです!

リフレッシュを理由に子供を預かってくれるサービスは、一時保育だけではありません。

自治体のファミリーサポートやベビーシッターなどを使う方法もあります。

ファミリーサポートやベビーシッターは、自宅に来てもらうこともできるサービスではないでしょうか。

子供たちを連れて保育園に行くのが大変という時も、少しの時間、子供を外の公園に連れ出してもらうだけでも、随分気持ちが違ってくると思います。

子供を自宅で見てもらっている間、ママが外出するという手もありますね。

私も一時保育をリフレッシュを理由に使うことに罪悪感のあるママでした

一時保育に罪悪感

今では週2~3回一時保育を使っている我が家ですが、我が家で保育園の一時保育を定期的に使い始めたのは、実は三女が初めて。

長女と次女には使えず、三女の1歳3ヶ月で初めて一時保育を申し込むまで、私は子供を仕事以外の理由で人に預けることに、とても抵抗感や罪悪感がありました。

でもね、子供の笑顔が見たいと思ったら、やっぱりママが好きなことして笑顔でいることが第一条件なんですよね。

やよい
やよい
そのあたりの事情や気持ちの変化について、ぜひこちらの記事も読んでみてくださいね。
一時保育に抵抗感や罪悪感のあるママには、気持ちが楽になるきっかけになるかもしれません。
●関連記事:ママも家族も笑顔で幸せでいる方法~一時保育という選択肢

「子供のために」と人の手を借りずに頑張ることをやめて、一時保育をお願いするようになったら…

最初の頃は、一時保育の間ずっと泣いていた三女さんも、優しい保育士さんたちのおかげで、いつからかバイバイの時も泣かなくなり、園のおもちゃや公園で夢中で遊ぶようになりました。

最近はお友達と一緒に遊んで楽しむようにもなったみたい。

娘のことを大事にしてくれる大人が、親の他にもたくさんいるのは、親としてもとても幸せですし、心強くもあります。

そうやって保育園の先生方やお友達に娘を大事にして頂いている間、わたしは好きなことばかりさせて頂いています。

例えば、こうして私と同じ様に子育てに悩むママたちに向けてブログで発信したり、コミュニケーション講座をお伝えしたり、新たなお仕事で誰かを笑顔にするお手伝いができたり。

娘を一時保育にお願いするようになってから、可能性や選択肢が一気に広がって、私の世界は大きく広がりました。

それは、子供たちや家族、周りの友人達との関わり方にも少しずつ広がって、一番大事な家族の心からの笑顔もたくさん増えました。

一時保育の利用は、ただのリフレッシュに留まらなかったんです。

やよい
やよい
「一時保育するなんて、子供がかわいそうかしら」という考えを、「とりあえずやってみようかな。私も頑張るの、やめてみようかな」という考え方に変えて行動できたおかげですね。

そんな訳で、最初は多少なりともあった罪悪感も、今ではさっぱりなくなりました(笑)

保育園の先生方には、本当に感謝しかありません。

一時保育をリフレッシュを理由に使うこと|まとめ

一時保育をリフレッシュに使う
  • 一時保育をリフレッシュ目的で使っているママはたくさんいる。
  • 一時保育を利用することで、親にも子にもメリットがたくさんある

一時保育をリフレッシュ目的で使うことに罪悪感を抱いていたそこのあなた。

少し「やっぱりリフレッシュに一時保育を使ってみようかな」と思えるようになったでしょうか。

最初は罪悪感があるかもしれませんが、使っているうちに罪悪感がどっか行っちゃうか、子供が入園式を迎えるかしちゃいます。

一時保育を使うのは、子供や家族の笑顔を守るため
罪悪感は不要です。

自分のためにも家族のためにも、気にせず利用してしまえばいいと思いますよ(^^)

◯関連記事

[getpost id=”7412″]