子供連れでお出かけ【横浜周辺】

横浜周辺で子供といちご狩りなら津久井浜観光農園!予約なしでOK

子供も採りやすい津久井浜観光農園のイチゴ狩り

みかん狩り、イチゴ狩り、さつまいも掘り…。

こういった味覚狩りは、季節も楽しめるし、美味しいものもたくさん食べられるし、自然に触れられるし、子供と出かけるにはぴったりですよね。

味覚狩りでは、年明け早々にイチゴ狩りができるのをご存知でしょうか?

横浜周辺のイチゴ狩りスポットとしては、三浦市にある「津久井浜観光農園」が有名です。

ここは、予約なしで行けるし(混雑して入れないということはありません)、子供と行くにはとってもおすすめのイチゴ狩りスポットなんですよ。

こちらでは、我が家が毎年楽しみに通っている「津久井浜観光農園のイチゴ狩り」について、ご紹介したいと思います。

横浜周辺・予約なし!津久井浜観光農園で子供とイチゴ狩り!

津久井浜観光農園でイチゴ狩り

横浜市内にも、予約なしでイチゴ狩りのできる場所はたくさんありますが、子供と行くなら、わたしは三浦市の津久井浜観光農園を全力でおすすめします!

なぜなら、子供が喜ぶポイントがたくさんあるから!

津久井浜観光農園のおすすめポイント
  • 入室中、食べ放題
  • 足元が汚れにくい
  • 子供が手の届きやすい所にイチゴが垂れ下がっている
  • 練乳付きのヘタ入れ(ゴミ箱?)がもらえる
  • 農園内に川遊びのできる広い広場があり、屋根付きの休憩所もある
  • 園内を自家用車で移動できて、ハウスの前に車が停められる
  • 電車の人は、駅から無料送迎バスが出ている(条件あり)
  • 予約なしでOK!

これらのおすすめポイントについては、後ほど詳しくご紹介しますね。

先に、横浜周辺、予約なしで行ける津久井浜観光農園のイチゴ狩りについて、詳しくご紹介します。

イチゴ狩りの料金

津久井浜観光農園のイチゴ狩りの料金はこのようになっています。

3歳以上



1月1日~1月7日

2,000円

1月8日~2月末日

1,800円

3月1日~4月5日

1,600円

4月6日~5月5日

1,300円

津久井浜観光農園のイチゴ狩りは、園内食べ放題で、3歳以上は一律で同じ料金。

ブッフェなどでは、大人と子供で料金が違うことが多いですから、最初はちょっと損しないか心配でしたが、そんな心配は不要でした。

なぜって、子供たち、イチゴが大好きだから、大人以上に食べる食べる!

イチゴが大好きな子なら、確実に元は取れますから、心配ご無用です^^;

また、入園料は時期によって違います。

ほかのイチゴ狩りでも、だいたいこのようなスタイルを取っているようです。

だからといって、遅いと何かデメリットがあるのかというと、正直なところ、よくわかりません。

だってね、一度、4月末に行ったことがあるんですが、とっても美味しかったんですよ。

真っ赤なイチゴも大きいイチゴもたくさんあったし、と~っても甘かった。

なので、いちご狩り、個人的に料金が安い4月もとってもおススメです♪

イチゴ狩りの予約

津久井浜観光農園では、イチゴ狩りを含め各味覚狩りに予約はなしで大丈夫です。

土日やゴールデンウィークの混雑時でも、混みすぎないように、案内するハウスを分散させてくださいます。

混みすぎて食べられないなんてことはありませんので、ご安心くださいね。

横浜周辺・予約なしで行ける津久井浜観光農園ってどんなところ?

津久井浜観光農園は広大な農園
イメージ画像

ここからは、津久井浜観光農園のイチゴ狩りについて興味のある方向けに、津久井浜観光農園について、もう少し詳しくお伝えしたいと思います。

農園の情報

津久井浜観光農園は、神奈川県の南東部、三浦市にある観光農園です。

たくさんの農家が集まって、広大な畑が広がっています。

イチゴハウスもたくさんあり、それぞれをまたいくつものイチゴ農家が担当し、ハウスによって違った品種を育てているそうです。

イチゴの品種によって摘み取りにベストな時期が違うので、その日一番美味しくたくさん熟しているハウスを案内してくれます。

津久井浜観光農園でイチゴ狩りができる期間が1月~5月と長くても、ハズレのハウスにあたるということがないんですが、その理由はイチゴの品種の違いにあるようですね。

イチゴ狩りの受付もある案内所には直売所もあって、農園の広大な畑で採れた季節のお野菜や、お土産用のイチゴが販売されています(お土産用のイチゴは、案内所での販売のみです)。

大きくて立派な大根が1本100円など、とってもお得なので、我が家もよく買って帰ります。

開園期間

<イチゴ狩り>

1月1日~5月5日までの毎日午前9時~午後3時まで

場所 津久井浜いちご狩り  現地案内所
横須賀市津久井5-15-20(京急線津久井浜駅下車・徒歩20分)
お問合わせ

津久井浜観光農園事務局(平日 午前9時~午後3時まで)
TEL 046(849)4506

現地案内所(開催期間中 午前9時~午後3時まで)
TEL 046(849)5001

公式ホームページ

https://ja-yokosukahayama.or.jp/tourism/

開園時間が午後3時までと意外と早いので、お昼からゆっくり行かれる方は、閉園時間にお気をつけくださいね。

農園へのアクセス

津久井浜観光農園でイチゴ狩りをするなら、まず最初に下記アドレスにある案内所に向かいます。

横須賀市津久井5-15-20

案内所で料金を支払うと、それぞれにイチゴ狩りハウスを案内されますので、各自で案内されたハウスに移動することになります。

車の方

案内所前に無料駐車スペースあり

ハウスにも自家用車で移動OK

電車の方

京浜急行電鉄津久井浜駅から徒歩20分
(駅から無料送迎バスあり)

ハウスへの移動は徒歩

車の方

上記案内所の前に、無料駐車場があります。

受付後は、案内されたハウスまで、各自で車で向かいます。

ハウス前や、隣接する駐車スペースがあるので、そこに停められます。

ハウス前の道路も広いので、混雑時でも、これまで停められなかったことはありません。

電車の方

電車の方は、京浜急行電鉄津久井浜駅から徒歩20分です。

割と平坦な道なので、大人なら歩いていけなくもないですが、子供連れの場合は、なかなか遠いので、無料送迎バスを使うと便利です。

いちご狩り送迎バス
  • 停留所は、津久井浜駅前の駐輪場のあたり
  • いちご狩り開園中は、土日・平日含め毎日運行(予約不要)
  • だいたい30分おきに運行(お客さんが乗ったら出発して、案内所で降りたら戻ってくる)
  • 平日の午後はお客さんが少なくて戻ってこない場合もあるので、駅に停まっていなければ、案内所に電話して送迎バスを依頼

(2020年春 案内所による情報)

帰りも、案内所前から無料送迎バスが駅まで送ってくれますので、子供連れで行くときはぜひ利用してみてくださいね。

ちなみに、電車・徒歩の方は、案内所からハウスまでは、各自で歩いて行くようになります。

徒歩の方は、優先して案内所から近いハウスを案内してくれるようです。

でも、子供の足では少し遠いハウスの場合もあるので、ベビーカーがあると便利かもしれません。

農園をお散歩だと思って頑張ってください(;^ω^)

横浜周辺でイチゴ狩りに子供と行くなら、津久井浜観光農園をおすすめする理由

津久井浜観光農園イチゴ狩り

横浜周辺で予約なしで子供と行けるイチゴ狩りなら、津久井浜観光農園をおすすめするポイントを、いくつかご紹介しますね。

食べ放題!練乳おかわり自由!

練乳おかわり自由

ハウス内では、イチゴ食べ放題です。

時間制限もあった気がするけれど、だいたい30分もするとお腹が苦しくて退出するので、短すぎると感じたことはありませんね。

そもそも、時間は各自におまかせで、ゆっくりしてても何か言われたことはありません。

そして、入園時に写真のようなヘタ入れ(ゴミ入れ)をもらいます。

そこに練乳を入れてくれます。

イチゴ狩りのイチゴはそれだけで充分甘いんですが、イチゴに飽きてきた時に練乳を付けて食べると、また食が進むんですよね~♪

しかも、練乳は、おかわり自由です♪

イチゴが子供にも取りやすい

津久井浜観光農園で子供とイチゴ狩りを楽しむポイント

以前は、もっと地面に近いところに植わっていて、通路も泥んこだったから、子どもたちには長靴を履かせて行ったものでしたが、2019年に行ったハウスは、通路にシートが敷いてありました。

これだと、子どもたちが泥んこにならないし、イチゴも高いところから垂れ下がっているので、食べやすい!

このハウスがたまたまそうだったのかしら?

これなら、ベビーカーも小ぶりのものなら入れるかも。

ただ、ハウスの中は暑いくらいで、子どもなら半袖でもいいくらい。
ベビーカーを入れる時は、熱中症などにお気をつけくださいね。

子供連れでも行きやすいアクセスの良さ

車の方なら、受付にも、ハウスにもそのまま自家用車で行けるのが嬉しいところ。

電車・徒歩の方も、上でお話した通り、駅から無料送迎バスが出ているのがありがたいです。

農園内に川遊びのできる広場がある

農園内には、案内所の近くに川遊びのできる広~い広場があります。

あずまやもあるので、屋根の下でお弁当も食べられます。

そして、なんと小川もあるのです!

この小川、我が家の子どもたちは大好き!

なので、この農園に来るときは、必ず着替えを一式とお昼ごはんを持って行きます。

簡易トイレ

公園内の吊り橋を渡った先に、簡易トイレもあります。

自家用車の方は、車はこの広場の脇に停められますよ。

子供とイチゴ狩りを楽しむポイント

子供も採りやすいイチゴ狩り

子供とイチゴ狩りに行く時のポイントも、いくつかご紹介しますね。

イチゴ狩りの持ち物

イチゴ狩りでは、とにかくイチゴの果汁で手や服が汚れますから、子供連れで行くときは、下記のようなものを持っていくことをおすすめします。

子供と行くイチゴ狩りの持ち物
  • ウエットティッシュやおしぼりなど、手と口を拭けるもの
  • 必要ならエプロンや着替え
  • 汚れてもいい服装(ハウス内は暑いので、薄着になれるとbetter!)
  • 農園の広場で遊ぶ人は、着替え一式とタオル

徒歩の方は、アクセスのところでもお話しましたが、もし可能ならベビーカーがあると便利かもしれません。

トイレの場所

トイレは受付のある案内所の裏にあります。

もう一箇所は、上でご紹介した広場の近く

津久井浜観光農園には、トイレがあまり設置されていないので、受付時、イチゴ狩りの前にトイレに行っておくと安心かもしれません。

横浜周辺・予約なしの津久井浜観光農園でイチゴ狩り|まとめ

津久井浜観光農園でイチゴ狩り

津久井浜観光農園のイチゴ狩りは、ほんとに大きくて甘~いイチゴ

種類も同じハウスでも何種類か植わっているんでしょうか。
味も、酸味の強いものから、ひたすら甘いものまでいろいろ。

この甘さと、子供たちの笑顔は、スーパーでは買えないですね♪

津久井浜観光農園は、春はイチゴ狩りですが、秋はみかん狩りとさつまいも掘りも楽しめます。

特に、さつまいも掘りは5株950円でできるんですが、5株でとっても大漁!

芋ほりは子どもたちも親も宝探しみたいでとっても楽しい♪

そして、帰れば思う存分さつまいも料理が楽しめます。

横浜周辺、予約なしで子供と行くイチゴ狩りにおすすめな津久井浜観光農園

シーズンにはぜひ足を運んでみてくださいね(^^)

掲載している情報は、変更されることがありますので、お出かけされる際は、津久井浜観光農園のホームページのほうもご確認くださいm(_ _)m

観光農園|JAよこすか葉山

◆子供とお出かけするなら、こちらもおすすめ!

横浜野島公園の潮干狩り
横浜で潮干狩りなら野島公園!おすすめ時期や料金、駐車場情報まとめ 2020年4月9日~6月30日は、緊急事態宣言に伴う外出自粛要請を受けて、野島公園・海の公園ともに潮干狩りは禁止となっております。 ...
子供連れにもおすすめのお出かけ先 三浦半島ソレイユの丘
横須賀三浦・ソレイユの丘|横浜周辺の子供連れお出かけスポット今日も子育てお疲れさまです! 毎日子育てに奮闘していると、たまにはどこか遠くの広い場所にでも出かけて、リフレッシュしたくなりませんか?...